節約術

節約をすると節約が上達して節約が楽しくなります

投稿日:

必要は発明の母。節約が必要だから節約した暮らしに入りながらも、やがて節約が当たり前になり出す時が来ます。そして、一度節約した生活を身に付けますと、節約のためのアイディアが次々と出てくるようになり、節約自体が楽しくなります。

エアコンを使わず数年後にはエアコンを全部撤去しました

エアコンを使わないメリットはいろいろありますがまず、電気代が大幅に節約できます。とはいえ扇風機を使うこともしません。夏場であれば、代替品を団扇にします。したがって夏はエアコンの電気代はゼロです。

冬場であれば電気毛布を使いますので、電気代はかかりますが、エアコンの1/10で済みます。さらにお茶を沸かすのも効果的です。沸かしたお茶はいきなり飲まず熱いままペットボトルに入れ、湯たんぽの代わりに用いて毛布で包み、こたつにします。冷め出す1時間くらいしてからお茶を飲料にします。

これだけでだいたいエアコンを普通に使っていた時に比べ電気代は1/3くらいになりました。今では要らないのでエアコンを撤去してあります。

6月から10月までは水風呂で雨水も利用

一年のうち5ヶ月間は水風呂か水シャワーで済ませています。お湯は使いませんので、夏場のガス代は家庭用の都市ガス料金としては最小単位です。1,000円を越しません。それ以外のシーズンも極力湯沸し器は使わず、水で手を洗っています。

また、雨水を貯めておき、洗濯のすすぎに使うことで、夏場は特に水道代の節約にもなっています。

そうしているうちに、お風呂場のガス湯沸し器はまったく使わなくなり、夏以外のスリーシーズンは銭湯に行くことにしています。東京の銭湯は決して安くありませんが、金券ショップで安く手に入れた回数券を使うことで、少しでも浮かせるようにしています。

外食は一切しないようにしています

完全に自炊の生活です。食材も出来るだけシンプルな物を選び、まとめ買いした一つの素材をいくつかのバリエーションに分けて調理しておき、目先を変えながら飽きないように食べています。

こうして外食をやめると、想像以上に食費の節約が可能です。その時々の安い材料を仕入れて、それをネット等で調べて美味しく調理する方法を考え出すことも楽しいので、自炊は本当にお勧め出来ます。

ただ、調理に必要な道具は比較的いいものを揃えることは大事です。後々まで使う道具まで節約すると、調理に手間がかかり、再び外食に戻りたくなるので、道具だけはいいものを揃えるのがコツです。

一度限られた緊縮予算を組んで、無理やりでも倹約した生活を送ってみると、いろいろ節約のアイディアが出るようになります。その際、予算の組み方は中途半端なことはしないで、思い切った節約をすることがポイントです。それでお金が残ると、節約が楽しくなります。

-節約術

関連記事

no image

とにかくとことん切り詰めれるだけ切り詰める

節約ということを最初は意識してやっていたのですがそのうちにだんだんとそれが当たり前になってしまい節約しているという意識がなくなってしまいました。 なのでそういうことを意識せずにやれるよいになれば簡単だ …

no image

これからの節約は、ネット通販がオススメ!

我が家の生活術としては、主に生活をネット通販で済ませるということにあるかもしれません。 なぜこれを書こうと思ったかというと、ネット通販といえば、割高だし、たいしていいものもないし……という人の意見を聞 …

no image

お金の支出を知って節約!節約しても豊かな生活を送りましょう。

節約とは主婦であればきっと誰でも一度はしないとと考えるのではないでしょうか。 私もなるべく節約したいと毎月のように思っていました。 ただ欲しいものを我慢したり、外食をしなかったりと節約を試みた事もあり …

no image

節約に協力してもらうために私が実際にしたこと

誰かと住んでいると、自分1人で節約しようとしてもなかなかうまくいかないし、 理解してもらえないとイライラしてきちゃう・・・。 こっちは毎日水道代、電気代やらいろいろ気にしているのに!と怒るのではなく …

no image

冬は暖房器具の代わりに湯たんぽを活用しよう

節約術と一言で言っても、その方法は多種多様です。日々節制して公共料金の支払いを抑えたり、月払いの保険料を見直したり。しかしまず最初に行うべき節約術は、「手っ取り早く実践できて」、かつ「節約効果が比較的 …